【SOS】米肌はインナードライに効果が発揮するって話マジ?真相はココ

Tゾーンのテカリがひどくて、昼休みには化粧直しをしていた私。
表面はテカってるくせに、乾燥しているような感じ。ほうれい線もシワも目立つし・・・まさにインナードライ!!加齢だから仕方ないのか?なんて諦めていましたが、米肌がインナードライに良く効くと噂を耳にしたので調べてみた。

 

 

米肌って雑誌などに取り上げられているほど効果は高く人気なスキンケア化粧品なんですよね。

 

 

 

もしかしたら???と思い超インナードライの私が米肌を使用してみた感想も含め真相をお伝えしたいと思います。

 

インナードライとは、皮膚表面は皮脂が浮いているけど、肌内部(各層無い)は乾いている状態の事。オイリードライと同じ意味

 

米肌|インナードライには特にオススメなスキンケア化粧品だった

米肌の有効成分のライスパワーNO.11。このライスパワーNO.11は厚生労働省で唯一「肌の水分保持機能を改善」する効果が唯一認められている有効成分が配合されています

 

ライスパワーNO.11の効果効能については

  • 肌の水分量を肌の内部から増やす
  • 肌荒れを防ぎ、健やかな角層を育てる
  • 肌の弾力を回復させる(エイジング効果)
  • 肌のキメを整える
  • 乾燥による小じわやほうれい線を目立たなくする

 

 

 

と、こんな美肌効果も発見されています。
私は超インナードライ肌。お昼にはTゾーンのテカリがMAXになって必ず化粧直ししていたんです。
そんな私は米肌を使って、化粧直しもしなくなり1日中化粧崩れしない肌になったんですよね。

米肌の角質柔軟オイルが美肌線分の浸透を底上げしている

ライスパワーNO.11は、角質柔軟オイルによる高浸透処方なんですね。
有効成分のライスパワーNO.11の有効成分は、しっかり肌に浸透させる事が必須条件の為、浸透テクノロジー処方なんですね。これは本当重要。

 

 

乾燥で固くなっている肌は化粧水や美容液の美容成分は浸透していきません。

 

 

米肌の肌潤化粧水に配合されている角質柔軟オイルは、乾燥で固くなっている角質を柔らかくほぐし各層同士統合を一時的に緩和し、美容成分を浸透しやすいように整える効果があるんです。

 

 

オイルと言っていますが、一切オイル感は感じられませんのでオイル美容液が苦手な人でも安心して使えます^^

 

 

米肌 肌潤化粧水を3ヶ月使ってみた

インナードライには米肌の化粧水が良いと聞いたので、まずはトライアルセットを購入して肌に合うか確認したのちに、米肌を定期購入しています。3ヶ月経過していますね。

 

 

どうせ使うならと思い、今使っているスキンケア化粧品がなくなったのでライン使いしています。

 

 

 

米肌の化粧水の肌潤化粧水は、米肌で1番の人気商品です。

 


少しととみがあるテクスチャーで、しっとりするんですね。
無香料ですが、お米を原料としているので、なんとなーく少し甘い感じの香りがします。この匂いってライスパワーNO.11の主原料のお米の発酵したにおいなんですって。私は問題ない匂いでしたが、苦手な人は苦手かも。

 

 

2度付けを推奨しているので、2度つけてますが、べたつきは一切なく気に行って使用しています。
乾燥肌だけどベタベタする化粧品は苦手!という人はお気に入りになる事間違いなしな化粧水だと思います。

 

米肌はこんな人が使うと良い

ライスパワーNO.11の有効成分が配合されている米肌は、3つの発酵エキスが肌に潤いを与え若々しい肌に導いてくれるのが特徴。

 

 

秋〜冬の急激な湿度の低下や、粉がふいたり、乾燥で肌にかゆみがでてしまう人は米肌を使用するとトラブルが起きず過ごす事ができました。

 

インナードライでずっと悩んでいた私ですが、米肌にかえてから毛穴が目立たなくなり、Tゾーンのテカリが解消され化粧崩れしない肌になりました。

 

 

米肌は低刺激処方で敏感肌の人にも使えるスキンケア化粧品です。
インナードライに悩む女性や、エイジングケアを本格的にしたい人には米肌は使ってみる価値はあると思います。

 

 

色んな化粧品ブランドからトライアルセットが出ているので、色々試すのも有だと思います。
米肌もトライアルセットがあるので、色々使ってみて使い比べてみて、最終的にしっくりくるスキンケア化粧品を使い続けるといいですよ!

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加